読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひょっとしよう!

ひょっとしたらひょっとするブログです。

文章を書きたい

もう書いてるやんけ、という突っ込みはなしで。笑

 

初回の記事になりますが、かなりゆるっとしそうです。

 

ブログを始めた理由にもなるのですが、

特に作る系の仕事をしない限り、接続詞とかつかって長い文章を書くことってないなぁ、とふと最近思うことがありまして。

 

一般にビジネスライティングで「文字を書く」ことって、

Excel→長い文章は書かない。書こうものなら見づらいExcelが完成する。

Powerpoint→確かに文章も書くけど、タイトル下のメッセージ部分は1行でさらっと書いてしまうし、内容もあるけどそこは箇条書きとかにしてしまう

・Word→論点を整理するときに使うけど、箇条書きのため1行。

・メール→文章に一番近いけどほぼテンプレ。

 

といった感じでまとまったことを書こうとするとすぐに箇条書きが登場してしまいます。

そんなわけで長い文章を書く機会もまったくなく、

気が付くと、何十行にもわたる文章を書くのは苦手になってしまっていたようです。

箇条書きでも因果関係とか論理構成とかはもちろん考えるのですが、ビジネス界での常識的な接続関係はなんとなーく読む側の推測で補完されてしまうので、接続詞のニュアンスに気を配りながら文章を書く機会なんてほとんどなくなってしまったなあ、と思いました。

実際この時点で数行書いていますが、だいぶきついです。苦笑

もちろん、ビジネスライティングに慣れる、というのは大事なのでそれ自体は後悔していないのですが。

 

横道にそれますが、最初に使っていたソーシャルメディアとビジネスライティングへの導入の難易度ってちょっと関係ありそうかな、と思います。

私はmixiとかブログ世代だったので、大学を卒業する頃はたらたらと文章を書く人になっており、ビジネスライティングの導入は結構苦戦した記憶があるのですが、

TwitterとかLineから入った世代はもしかしたらその辺スッと入っていったりするのではないかなーと思ったりもします。

 

というわけで、つまりはこうやってたらたらと文章を書きながらリハビリできるとよいな、と思った、という話でした。